コロナ離婚の危機に陥っている方は一度ご覧下さい。ある男の離婚危機解決法を、ご紹介致します。

こんばんは。今年も梅雨に入りました。少し癖っ毛な私はこの時期になると髪の毛がまとまらずボリュームが出てしまい髪の毛のセットが面倒な時期になります(/ _ ; )

さて、今年はいつもの梅雨とは少し違いますね。コロナウイルスにより、私たちの生活も変わりました。やっと、東京アラートなるものも終わり、少しずつ日常に帰れるといいのですが‥。

緊急事態宣言が出された日本、諸外国とは違いロックダウンではなく自粛をお願いする形を取っていましたね。

サラリーマンの方は自宅でテレワークをされ、子供達は学校も休校になり、保育園にも子供を預けることが困難な時期がありました。

テレワークって素晴らしい事だと個人的には思います。無駄な外出が減り家で効率的に仕事が出来る。毎日往復2時間強を通勤に費やしている私からすれば、テレワークが出来る方たちが羨ましいです。

しかし、良いことだけでは無かったようですね(・・;)

そう、コロナ離婚という言葉が世間に出てきました。

毎日家にいる旦那に、さまざまな理由で嫌気がさした奥様方が離婚を切り出す‥

悪夢です。

旦那が毎日家を出て、仕事に行っていたからうまくいっていた物が、こんな形でダメになるなんて。


さて、本題に入ります。コロナ離婚の危機に面した旦那様方は奥様に対して何をすれば良いのか。あくまでも私の成功体験ですが、下のようなことをやりました。無我夢中でした。でも、私は離婚したら二人の子供とは会えないような気がして、何がなんでもという気持ちでがむしゃらにやりました。

  1. まずは冷静になる為に奥様と距離を取ります。
  2. 奥様のおっしゃってた言葉をスマホのメモでも良いので記録します。
  3. すぐに解決できることではないので、長期戦になる覚悟と、それでもいつかまた一緒になると腹を括ります。
  4. 自分のメンタルを整えます。貴方はメンタル的にも体的にも限界のはずです。無理はぜったいにしない。お酒に逃げる事はダメです。他の女性に慰めてもらおうなんて事は以ての外です。
  5. 奥様とのコンタクトはLINEや手紙など、相手の言い分を見たり聞いたりしてもすぐに返事をしなくて良いツールを使います。
  6. 奥様は貴方と関わりを断ち切りたいと願い行動しています。貴方の言葉を聞いてくれたり、見てくれたりする事すらストレスでしょう。小さなことでもありがとうを忘れずに。

さっと思いつく限りではこんなことをしていたと思います。今でも当時の記録と、妻への手紙の下書きがスマホのメモに残っています。が、中を見返そうとはなかなか思えません。

そして妻へ宛てた手紙は、読んでくれたという事は聞いていますが、効果は無かったと思います。現に、あなたからの手紙は読んだけど私は無理です‥という感じの返事をもらいどん底に落ちたこともが何度かありましたので。


結論として一番効果があったのはブログだったと思います。

私は自身のメンタルを守ることを、妻と子供たちが出て行った次の日から優先的に考えました。

妻はメンタルが強い方では無いので、最初に喧嘩をした時から向こうはボロボロになっていたようだったし、さらに自分までボロボロになったらすぐに終わりになると思ったからです。

でも、当初は友達に話すことも出来ず悩みました。事情を知っている家族や兄弟にも話せず一人で苦しみました。

そこで、どうしようもできない苦しみや悲しみのベクトルを備忘録という形でブログに記録することによって自分自身も考えをまとめ状況を把握出来、尚且つ自身へのダメージを緩和できないかと気付いたのです。

かなりの効果がありました。そしてこのブログは、幸せボケしていた今の私に、あの頃の記憶を呼び戻し同じ過ちを繰り返さないようにと気を引き締め直す機会まで与えてくれています。

今とても辛い状況にいる方、いろんな事情がおありだと思います。どうか、一人で苦しまないで。自分のメンタルを整えることを最優先にして下さい。

もし、私のブログをご覧になり自分もやってみようかと思ったら行動あるのみです。何かに打ち込んでいる時間は辛さも和らぎます。また、私でよければお話をお聞きする事なら出来るかもしれません。TwitterをフォローしてDM送ってください。

今日はこんな所で終わりにしたいと思います。


八田伸日のTwitterは、@2jipapariimanです。

タイトルとURLをコピーしました