最悪の運動会

家族再構築の話

子供の運動会









いつもなら楽しみに見ていたはずの運動会。子供の成長を実感できる大切なイベントです。

しかし、今年の運動会は今までで最悪の運動会となりました・・・。



運動会の前日

妻が出て行って数日後、子供の運動会を明日に控えていましたが私は迷っていました。

果たして、子供の運動会には行ってよいものなのか・・・。

妻は出て行ってから、離婚をするために必要な言葉しか私に言ってきません。

私は必死に妻に対して謝罪の言葉を重ねてきました。

しかし、結果は何も変わらず・・・。

 

そんな状況の中訪れた子供の運動会。

その前日意を決して私は仕事後に妻の実家に行き、手紙を投函してきました。

その内容は、妻に対しての謝罪と、これまでの感謝の意。そしてこれからより良い夫・父をしていく決意。最後に明日の運動会のこと・・・。

妻からは一言だけ。

あなたと運動会を見る気はないので、来たいのであれば勝手に来てください

これを見たときに、胃がキューッとなった事を覚えています。

返事が来たことへのうれしさ

子供に会えることのうれしさ

妻の気配りなんぞ微塵も無い冷たい返事への辛さ

改めて家族再構築の難しさ 等々 様々な感情が一気に沸きあがったせいだと思います。



そして運動会当日

例年の妻なら、観覧席の最前列を取るために早い時間に行くはずだ。

そう思い、あえて開場の時間の少し後に行きました。

予想通り、妻は下の子を抱っこし最前列にレジャーシートを引いて待機していました。

私はその何列も後ろの立ち見席となり、遠くから久しぶりに見る妻の後ろ姿と、抱っこされた下の子を黙って見つめていました・・・。

しばらくすると、下の子が飽きてきたのか動きだし、横や後ろをキョロキョロし出したところ、私と目が合いました。

私は妻にバレたく無かったのでニコッと静かに笑い、心の中でわが子に「元気か?」と問いかける事で精一杯でした・・・。

下の子は私の顔を見るなり、目を丸くして、その後ニコッと笑ってくれました。

私は涙をこらえるのに必死でした。

ついこないだまで好きなだけ抱っこが出来、わが子の声も聞けていたのに・・・。

たった数日会えなかっただけでこんな気持ちになるなんて、と。

運動会 震える手でスマホを持ち・・・

そして、運動会が始まりました。

子供の演目はプログラム2番、3番くらいだったのですぐにやってきました。

 

去年は泣いて妻と一緒に演目をやった子供が、今年は一人で行進をしています。

たった1年で子供はものすごく成長するものだと関心し、そして目の前が涙でぐしゃぐしゃになりました。

 

立見席の私の両隣には、祖父母が多く、また子供のパパ友、ママ友も近くにおりました。「決して泣いているのを見られてはいけない・・・・」と思っていても涙は止まりません。

私は今まで、どんなに辛い事があっても、人の前では泣かない人間でした。

それが、こうもボロボロ泣いてしまうなんて・・・。

 

子供の演目はかけっこでした。

震える手でスマホをしっかりと握りしめ、録画の準備をします。

よーい、ドン!!

ダーっと子供たちが走ります!!

がんばれ!!!!」と心の中で応援しました。

 

涙があふれ、もはや録画どころではありません。

子供の演目が終わり、退場する頃には子供は私に気がついたようです。

下の子同様、目を丸くした後ニコッと笑い、必死に手を振ってくれました。

ぐしゃぐしゃの笑顔で子供に手を振っていたと思います。

 



妻はその子供の反応を見て、恐らく私がいる事を察知していたでしょう。

しかし、決して後ろは振り返らず、妻の硬い決意を感じました。

そして、私は子供の演目が終わったと同時に、サッと会場を後にしました。

帰宅後・・・

実はこの日、私は急遽仕事のお休みを頂いていたので、

子供の運動会が全て終わった後に家で話をしよう、という約束をしていたのです。

 

一人で帰宅し、妻と子どもたちが来るまでおよそ1時間はあるかと思います。

その間、飲み物を買いに行ったり、少し部屋を掃除したり、妻と何から話すべきか等考えていました。

でもその前に、トイレに入り声を上げて泣いていました・・・。

これでもかってくらいに声を上げ泣きました。

こんなに泣いたのはいつ以来だろう・・・。

 

泣くと少しだけスッキリしました。




タイトルとURLをコピーしました