妻に失望された夫が信頼を取り戻すには②

家族再構築の話





前回の続きです。

妻に失望され、別居生活となった僕が信頼を取り戻す事に成功し、別居を180日で解消した自分なりの方法を記します。今家族と別居をしていて、辛い思いをされている方に向けて、とある人間の実際の成功体験となります。何か少しでもお役に立てればと思い、書かせて頂きました。

妻の信頼を取り戻すために行った、心の整理整頓

まず、自分たち家族はこれからどうして行きたいのかを思いながら、心の整理整頓を行いました。

僕は、「妻と子供たちを愛している」「これからも一緒にいたい」という二つを中心に考えました。

これからどうしていきたいのかという将来を強く感じることで、おのずと次にやるべき事がぼんやりと見えてくるのではないでしょうか?

僕がぼんやりと見えてきたことは、以下の3つです。

  1. 妻や子供たちを大事に思うこと
  2. 話し合いで人格否定をしないということ
  3. 言いたいことはきちんと言う。そして妻とぶつかることを恐れないということ

一番重要だと感じたのは3番目で、もちろん言いっぱなしはNGです。アフターフォローをすることも忘れないようにしました。

さらに、

妻の言葉を良く聞き、じっくりと時間をかけて噛み砕き解釈する。

そして、自分の思った事を妻に伝える。

ひたすらこれを繰り返しました。

周りの人たちのありがたさが身にしみました

別居してからしばらくは、精神的につらい毎日が続きました。

そんな時に、仕事やプライベートでも近くにいる周りの人に支えて頂きました。

事情を知っているので、話を聞いてくれる両親や兄弟。

事情を知ってから頻繁に飲みにつれていってくれた同級生。

事情を知らないがためにいつもの日常を送ってくれる職場のみんな。

事情を知る由もない近くのコンビニのいつもの店員さんなどなど。

自分は一人でとんでもない問題を抱え込んでいるけれども、

自分以外の人もそれぞれの生活があり、日常がある。

辛いのは「自分だけ」じゃないんだよ、と。

良い暮らしをしていそうな人だってさまざまな問題を抱えていて、

それをクリアしようともがいている。

自分もそうだ。問題を抱えていようとも、もがいてみよう!!

結果がどうあれ、それが最善の道だろう!! と決意をさせてくれました。

みんなありがとう、と。

そんな時にある仕事関係の本を読んでいて、ある言葉に出会いました。

いつも感謝の気持ちを忘れず、見返りを期待しない。

相手の幸せを願い続ければ、いつの間にか自分にも幸せが訪れる。

という言葉です。なぜだかこの言葉が芯を食いましてケータイの待ち受けにしてしまいました(笑)

周りの人々に助けられたからこそ、この言葉が自分に刺さったのだと思います。

だから、私も今が辛い人のほんの一ミリでも癒しになることが出来ればと考えています。

信頼を失うのは一瞬、信頼を取り戻すには一生だと思います

私は妻を愛しています。

でも腹が立つこともがっかりすることもあります。

それでも私は妻を愛しています。

大事な大事な子供を産んでくれました。

「親」になるまでは決して湧き出ることのない特別な「親心」という感情も生まれました。

妻と子供に感謝を怠らず前を見て生きていきます。

これからもぶつかる事は多々あるでしょう。

悩みだって尽きないと思います。

いつかまた、同じように大喧嘩をしてしまうかもしれません。

しかし、これからの僕たち夫婦は別居の発端となった時のような喧嘩はしません。

この180日間でお互いの心の奥底をお互いがすこし理解できたと思うから。

別居解消に向けて行った実際の行動

これは僕が別居を解消するまでの180日間に実際に行ってきた手法です。

  1. 自分の心を整理整頓する
  2. 感謝と謝罪の気持ちを細かく表現する、人格を否定しない
  3. 1週間以上連絡を絶たないように
  4. 相手の体調の心配をして
  5. 「怒り」の感情を抑えて話合いを
  6. 妻の幸せを願って行動する(自分本位にならない)

少しでもどなたかの参考になって頂ければ幸いです。

一番大事な「失った妻からの信頼を回復する」方法


今になって思えば、どうしてはじめからこの方法をとらなかったのだろうと後悔していることがあります。

それは、

  • 妻と会話する時間をより多く取る方法を模索する
  • より収入を増やし、家計を安定させ安心を感じてもらう

という2点です。

当時の僕は日に12、3時間ほど働いていました。お休みは週に1日だけ。しかも平日

そしてお給料はもらえる月ともらえない月があり、だいたい2、3ヶ月ほど遅れていました。

「家業に就く」という事はそういうことだと勝手に決めつけ修行期間だと思っていました。

妻をその修行に無理に付き合わせることが妻を追い詰める最大の理由になることも気がつかずに。

完全なるマネーハラスメントでした。

家族のために仕事を辞める勇気

「家業」を継ぐということはとても大変なことです。

そして、一度足を踏み入れたら「辞めることはできない」と一般的には思う。

本当にそうでしょうか?

お勤めの方も一緒です。もし、お勤めの貴方が以下のどれかに当てはまるのならば、「辞める勇気」をお持ちになることを強くお勧めします。

  • 朝から終電(または泊まり)で仕事の毎日
  • 休日も仕事のことばかり考えている
  • 残業代が出ない
  • 妻や子供と休みが合わない
  • 上司や部下と合わない
  • 会社に行こうと思うと辛い
  • 学校行事は仕事で参加できない

僕は会社の代表(父)と差し違える覚悟で環境を変えるために社内の改善案を出しました。

妻と別居している180日間の間で、仕事や会社の環境を変えるための行動と妻と再び一緒に暮らせるようになるための交渉を行いました。思い出すだけでめまいがしそうになるような毎日でした。

高単価案件が最短二日で決まる!フリーランスエンジニア案件情報サイト【ポテパンフリーランス】

人間、やる気になればどうにかなるみたいです。僕のような学生時代にキラキラ目立つタイプでない人間でも、死ぬほどの努力とまわりの人の協力のおかげでさまざまなことが好転し、180日後には別居解消し2022年も家族揃って一緒に暮らしています。

諦めずに希望をもって努力すれば、あなたにとって最高の結果は必ずついてくるはずです。

微力ながら僕も応援させて頂きます。ツイッター(@Nobi87215445)もやっているので、気軽にお話くださいね!

いつもご覧頂きありがとうございます。
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 夫婦再構築へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 別居へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
よろしければ★★クリック☆☆お願いします!
夫婦再構築の励みになります!!

タイトルとURLをコピーしました